一級建築士事務所 戸谷誠建築設計室

 

point1.間取り

「暮らしやすい家」の間取りには、居住性・動線・収納・オリジナリティーが必要です。

家族のコミュニケーションの場所、奥様が行動しやすい家事動線、収納充実、創作工事などを取り入れた間取りの作成が大切です。

 

リビング・ダイニングとは家族団欒の場所であり、くつろぎと癒しの空間です。この空間を「どう表現するか」で、家づくりの個性やコンセプトが決まります。実際は、「その場所でどのように過ごすか」という目的意識が必要です。

暮らしやすい家を考えたとき、最も大切になるのが「動線」です。生活動線、家事動線などがあります。

家事動線では、一般的に水廻りという動線を短くすることで、効率よく家事がこなせます。

また、階段の位置も脱衣室の近くに設ければ階段を利用してベランダに洗濯物を干しに行く際も大変に便利です。

 

間取りを考えるとき、気を付けることは「生活スぺ―ス」「収納スペース」の割合です。広い部屋を考えるあまり、収納スペースを削りすぎてしまい、物が散乱することがあります。

収納といっても用途は様々です。クローゼットでは各部屋に設けるケースやファミリークローゼットとして、一ヶ所にまとめるケースもあります。

収納は生活動線として考えることが大切です。

自由設計の良い所は、同じ家をつくらないをいう事です。生活に便利で、遊び心のある創造力を生かした家づくりがお勧めです。

 

EX.1 アウトドアリビング

屋外にもう1つのリビング。

屋根があるので、外の空気を十分に堪能できます。

 

EX.2 ファミリーホール

ベランダのそばにアイロン掛けスペースを設ければ、作業後、各部屋へ持込みが簡単です。

Plan1

 

 

Plan2 屋上テラスのある家

 

 

Plan3 インナーガレージのある平屋住宅

 

 

Plan4 暖炉のある平屋住宅